学科紹介

   ホーム  >  学科紹介 [ 普通科 ]
 普通科

 

 来年度から、普通科が、現在の8クラスから9クラスに変更されされます。定員が40名増えることにより、本校を志望している中学生の皆さんには、よりチャンスが広がりました。

 

≪本校の重点的な取組≫

1、生徒が主役の授業

  ICT機器の活用

 

本校の授業はアクティブ・ラーニング型で行われています。これは先生による一方的な講義形式の授業でなく、授業中に班別学習や発表などで積極的に生徒同士がコミュニケーションをとりながら協力して、学びを深めていくものです。生徒が主役の授業で、明るく楽しい雰囲気で学習にのぞめるため、意欲的に取り組むことができます。「学ぶことを楽しめる授業」です。また、スマートフォンやプロジェクターなどのICT機器も活用し、視覚的にも分かり易い授業となっています。

 

2、観点別評価

 そのような毎日の授業での頑張りを最大限評価してくれるのが観点別評価です。ミスをしない人が認められる「減点法」ではなく、高みを目指して挑戦する人が認められる「加点法」による評価となっています。普段の授業への取り組みが50%、定期テスト点が50%で評価されます。テストが苦手だという人でも普段の取り組みを頑張ることで高い評価を得ることができます。

 

3、指定強化部

 本校は部活動も大変盛んです。今年度は部活動加入率が90%をこえています。なかでも指定強化部は、全国大会・九州大会を本気で目指しています。現在は、野球部・剣道部・男子ハンドボール部・女子バレーボール部の4つの部が指定されています。部活動で頑張りたい生徒を全力で応援し、それぞれの部活動に集中して打ち込むことができる環境が整っています。学習面もいろいろな先生方が協力してサポートしてくれます。また、観点別評価で普段の授業の取り組みを評価してもらえることも、文武両道を実践するための力強い支えです。

 

4、特進クラス

 もちろん、勉強を頑張ってより高いレベルで進路実現につなげたい人には特進クラスがあります。特進クラスは、現在、1年生と2年生に1クラスずつ設置されています。国公立・難関私立大学を目指して、放課後課外や学習合宿など、充実した環境の中で勉強に励むことができます。1年生は5月に山口県萩市で合宿を行い、吉田松陰の『志』をもとに自分たちの『志』について考えました。クラスの中で『勉強を頑張ろう』という共通の意識を持っているため、互いに刺激し合い、成長することができます。

 

 

 ホーム