学校紹介

   ホーム  >  学校紹介 [ 沿革 ]
 沿革

沿  革

大正10

(1921年)

女子教育の振興を目指して糟屋郡立粕屋実業女学校として開校。

 

 

大正11年

 

 4月、福岡県立粕屋高等女学校と改称、香椎宮に近い現在地に新

 校舎が完成。
 7月、官幣大社香椎宮の名にあやかり校名を福岡県立香椎高等女

 学校と改称。

 

昭和16

福岡市の実業家第四代太田清藏翁により、国士養成のため、現福岡女子大の地に財団法人香椎中学を設立。

昭和18

香椎中学に旧相馬子爵邸の黒門を移築し正門とし、東に赤門の東京大学、西に黒門の香椎中学ありとの気概を生徒に抱かせる。

昭和23

両校が統合し、校名を福岡県立香椎高等学校とする。

定時制課程設立。

昭和24

被服科を開設。

昭和29 

 定時制宇美分校を開設。

昭和30年 

生徒会が中心となり校歌(火野葦平 作詞、古関裕而 作曲)を作成。

昭和38年 

宇美分校の廃止。 

昭和41年 

定時制最後の卒業式を挙行。

平成 3

被服科を廃し、服飾デザイン科を開設。

 

 平成 8

 

 創立75周年を記念して黒門を再建、日本庭園・西洋庭園を造園。
 新生香椎高校を目指す。

 

 

 

 

 

 

 

 

平成23年

(2011年)


 創立90周年を記念して大講義室を改築。

 

 

 ホーム